0

飴色の艶、薫り高きニジマスの燻製「ニジマス燻(くん)」愛知県設楽町 金田養鱒場

Posted by kanri on 2011年5月6日 in お土産・郷土料理など |


今回紹介するのは買っちゃって王初登場「ニジマスの燻製」です。

ニジマスは塩焼きやムニエルで食べるのが普通と思っていたんですが、これから初めて食べるニジマスの燻製に興味津々。お送り下さった金田養鱒場さんは愛知県の奥三河、設楽町で川魚のニジマスやアマゴを養殖しています。ニジマスは、サケ科に属する淡水魚で体全体にはっきりした黒点があり、エラから尾びれにかけての体側部に赤から赤紫色の模様があるのが特徴。繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色することから、それがニジマスの由来なんだとか。
金田さんの作るニジマスの燻製は、奥三河の清流で丹精こめて卵から育てたニジマスを素焼きにし、2時間ほど煮込んだあと、桜のチップでスモークし手間暇をかけて作ったもの。
これはビールや焼酎のつまみに最高なのは間違いありません。では食べてみましょう。

味は2種類あって、通常のものと辛口胡椒味。 

ではそのまま手に持って頭から「パクリッ!」

香ばしさと丁度いい塩気、そして実に柔らかく自然に酒を誘います。魚臭さはなく、おそらく初めて食べる方は「ハムの燻製」に近いと思うはずです。胡椒味は、もうひと口であぁビールほしい!となってしまうほど旨い。また骨も柔らかいから当然「栄養満点」これなら子供さんも喜んで食べることもできます。

燻製は素材を活かすための材料、チップ、スモークする時間、機材、場所などで随分その味に変化が見られます。
手をかければかけるほど深く浸透するともいわれますが、金田さんの作ったニジマスの燻製も鮭や鶏や豚肉と同じく「技の逸品」であることは紛れもない事実です。ひと噛みで燻の深さをジワリと感じさせ、それが酒を美味しくさせる魔法のようなもの。これは酒の好きな方なら癖になります。

自分でお取り寄せ、届いたら用意した酒で今宵のつまみに・・・。
なんとも気軽でいいじゃありまんか。そんな逸品こそ栄養満点な「ニジマス燻」ですぞ!

ご注文は買っちゃって王カート、または直接どうぞ。

〒441-2601 愛知県北設楽郡設楽町津具字桃原48
金田養鱒場
TEL:0536-83-2074

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.