0

創業八十年の技と伝統が生んだ新感覚のポン酢をお届け。-加茂川-

Posted by kanri on 2011年5月6日 in 調味料 |

福岡県八女市。

人口約7万1千、1市2町2村の八女市で有名なものといえばだれもが八女茶と応えるでしょう。この歴史と人情の町に創業八十年を超える「加茂川」といううなぎや天ぷら、新鮮なお魚など、地元八女の素材を中心に使い、美味しいお料理を出してくれる老舗があるんですが、実はこのお店にはもう一つお勧めの逸品があってそれが今回の主役なんです。
鍋やしゃぶしゃぶのつけダレなどで、みなさんご存じの「ポン酢」。どちらかというと脇役で、素材の引き立て役でありさっぱり感が特徴。それが加茂川さんのポン酢はいつもの料理や味をさらに変える、違った感覚のポン酢だったんです。

加茂川さんの作るポン酢は勿論手作り。

しかも1つではなく「まろやか」「コクうま」「あっさり」の3種類あります。このポン酢、最大の特徴はあの「ツーン」がない。酸っぱいと口に入れた瞬間唾液がドッとでてきたりするでしょ?それがないわけです。
それと従来のポン酢とは違って、まろやかで酸味を感じない優しい口触りなんだとか。なるほど、ということはそのまま舐めてもツンと感じないわけだから、早速試してみることにしましょう。

 

自宅に届いたのは「まろやか」タイプ。

それを小さじ1杯くらい、そのままダイレクトに口に運んでみると・・・

「あっほんとだ」あのツーンがない!そしてポン酢の風味とともに少し甘さを感じ、それに角の立たない酸味で実にまろやかな味に仕上がっています。
よくこんなぽん酢作れたなぁっとただ関心するばかりで、思いもよらない感覚に戸惑いさえ覚えるほど。では料理に使ってみましょう。

★野菜サラダに

キャベツ、きゅうり、レタスなどを刻みぶっかけてみました。
これが「えっ」という感じで、そのまま舐めたときと違って野菜の旨味が先行し、野菜の旨い部分の手助けをしてくれています。さっぱりと食べられ素材の良さがグッと活きてくる凄いポン酢です。

★ササミのフライに

揚げものの油がどこかへ消えてしまうような感じで、肉が美味しくなるのがとても不思議。

さっぱりいただけて、これは焼肉のタレとしてもその役割を十分果たせると食べながらに思いました。

 

鰹の出汁が効いているから・・・よく考えてみればそうなのかもしれません。醤油にポン酢、あるいは醤油にカボスなどのスッパイ柑橘というありきたりではなく、いい素材の旨味を交えつつ、その分量もきっちり計られ作った「こだわり」から生まれた加茂川さんのポン酢。
このポン酢はいろんな料理の調味料として十分使えますし、ポン酢の苦手な方、これならきっと使えますよ。刺身に、焼き魚に、もちろん鍋に。暑い日には冷奴や冷シャブに。是非ご利用ください。

ご注文は買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.