0

ガッツリ食べるなら…「手作り餃子おたゑ」-静岡県浜松市

Posted by kanri on 2011年3月22日 in お惣菜など |

餃子はおやつにも、おかずにも、そして今夜のビールのつまみにもなる。

嫌いな連中ってほとんどゼロに等しいんじゃないかな。なぜ餃子は人気なのかというとひとつは手軽にフライパンで焼くだけということ。それに同じ味がほとんどなくて皮の弾力や具材の違いで随分その違いがわかる。シンプルなB級グルメだけど、中国では水餃子のほうが多いんだそう。

さて今回お送りいただいたのは静岡県浜松市の「手作り餃子おたゑ」さんから。
野菜タップリの大きめのキャベツ、キャベツの甘みをガツンと締めるニンニクが特徴。何といっても具がぎっしり詰まっているから育ちざかりの子供さんにも喜んでもらっていて、タレやラー油をつけなくても美味しさ十分!「たくさんの人を元気にしたい」これがおたゑさんの信念なんです。

何年か前、浜松餃子というのが全国でブレイクした時期があったんです。テフロンのフライパンで焼いて円状に皿に載せ、真ん中に湯通ししたモヤシ。これが浜松スタイルというらしいのですが、おたゑさんのは違って見た目は通常のどこにでもある餃子なんだけど、リピーターは実に多く、驚くほどのにんにくの旨味と野菜の甘さが印象的なので、一度食べると餃子はおたゑに限るとなるんだそう。

しかもこれも人気があるからなんでしょう、通販の場合毎週水曜日までの注文受付で発送は金曜日。
それも、100箱限定!
(焼き方レシピ付)これぞ週末餃子ということなんですね。

では早速焼いてみましょう。

鼻に抜けるニンニクの味、ちょい辛の味にこのキャベツの多いこと多いこと。その甘さをニンニクがしっかりと押さえているのがすぐ確認できます。ほっぺがブッと膨らむいわゆる瞬時に感じるボリューム、キャベツのシャッキシャキ、肉汁はジュワりと舌の上に乗っかる程度。

そうなんですそんなに肉汁が多くないのに、旨いんです。その理由は邪魔にならない具とニンニクのバランスのよさ、薄い皮だから瞬時に味が伝わるんですね。モゴモゴといつまでも口に有り余るのではなく、サイズは大きいのに後腐れがない。

そしてこの餃子、改良に改良を重ねた餃子ではなく、昔ながらの守られてきた味と思います。餃子の好きな方なら一発で見抜くと思いますよ。しかしこうして食感を書いているのに口の中からニンニクの香りがいつまでもキク~~~っ。やっぱり餃子にニンニク、こうじゃなくちゃビールも美味しくないですよね。

パンチの効いたおたゑさんの週末餃子

こりゃ元気になるわ、最高!!!

激ウマッ!!

さて是非お試しいただきたいおたゑさんお勧めの餃子。間違いなく癖になりますね、餃子の好きな方なら。子供がいたら大変ですよ、あっという間にお皿から無くなるでしょうね。

 

ご注文は買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.