0

下関名産のふぐを使ったとらふぐの塩辛  -矢野商店-

Posted by kanri on 2011年3月3日 in 海の幸(海産物など) |

こりゃ酒にぴったり!下関名産のふぐを使ったとらふぐの塩辛

下関市唐戸市場。
連日多くの観光客でにぎわい、市場ならではの新鮮な魚介類がずらりと並ぶ。そこには多くの店が並び地元で獲れた魚が新鮮なうちに食べることができるいわば下関の食の宝庫でもあります。

下関といえば「ふぐ」で有名。
ご存じの方もいると思いますが地元ではふぐのことを「ふく」といいます。ここ唐戸市場にある矢野商店さんから送られてきたのがこれまた全国でも大変珍しい「ふぐの塩辛」これは美味しいという噂が口コミで広がり、今では遠く県外の方からの問い合わせに対応できるように通販も開始したんです。

それが手元にも届いたわけですが使っているふぐはあの有名な「とらふぐ」。
上質で淡泊な、とらふぐならではの味わいを活かし丹念に造り上げた贅沢な逸品で、塩分ひかえめなんだそう。ふぐと聞いただけで贅沢でめったに食べられないという感覚なんですが、これが塩辛ともなれば案外気楽に食べられそう。では実食といきますか!

まず用意するのは焼酎。
それにこの塩辛だけで十分。

箸でつまんでお口へGO。

シャクシャクッとしたふぐの歯ごたえがとっても印象的で、さすが塩辛だけあって塩気が酒を誘います。でもめちゃめちゃ塩辛いのではなく、ふぐの食感を損なうことのない程度の軽い塩味。後味もよく時折ピリッとくる唐辛子が余計に箸を進めてしまうほど。
イカの塩辛のイメージではなく塩気のみで漬け込んだという感じでしょうか。この歯ごたえは病みつきになりそうなくらいで、これさえあれば他の肴はいらないですね。ちびちびと決して美味しい有名な酒でなくても、とらふぐの塩辛がそれをカバーしてくれて、酒を美味しくさせてくれます。

矢野商店さんの朝は早い。
平日は早朝3時からというから鮮度のいいものを目利きされた確かな目が活きのいいふぐを、あの贅沢なとらふぐをここまで進化させたに違いありません。目の付けどころが違うというか、しかしよくこのふぐの塩辛なんてのを考えたものです。あっぱれ!

ご注文は買っちゃって王カートから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.