0

高知のくじら、うまいぜよ!クジラのことなら -白鯨-

Posted by kanri on 2011年1月24日 in 海の幸(海産物など) |

昔は当たり前しかし今ではなかなか食べられない・・・・・そう、クジラの肉。

私は幼いころどちらかというと豚や牛肉よりクジラの肉を多く食べさせられた記憶がある。冷凍の塊を解凍して刺身や竜田揚げで食べていたんですが、それが今では随分少なくなったものです。

今回紹介するのは高知県の「白鯨」という誰が聞いてもあっクジラ屋さんだってわかる活きの良さがいかにも社名で判断できそうなくらいの会社から「しゃぶしゃぶセット」を送ってくださいました。(捕鯨調査の副産物の鯨です)もったいないくらいの鯨肉をしゃぶしゃぶ用にカットし、贅沢な鯨肉の美味しい部分だけをお届けしてくれるんですが、数量に限りがございますので予約をということです。

しゃぶしゃぶにするにはもったいないくらいの部位なんですが、イワシ鯨生舌(サエズリ)、ザトウ鯨特級畝須(ウネス)、ミンク鯨1級胸肉、ミンク鯨特級本皮のそれぞれスライス。

この4つがセットでなんと

2,520円!(各100g)

白鯨の方によれば基本1~2回左右にしゃぶしゃぶでお召し上がりを、ということです。
加熱しすぎると固くなりせっかくの鯨の旨味が台無しなので気をつけてっと…

早速食べてみましょう。

見た目もきれい、しかも豪華!皿の上は正に鯨のオンパレードって感じです。超贅沢な鯨肉、一つずつ箸で2回、そうですあまりしゃぶしゃぶやりすぎないように注意して…。

最初に口にしたのはイワシ鯨生舌(サエズリ)で、鯨の中でも最も希少な部位。さっとお湯につけていただくと、モチッとした食感と食べると甘みがでて実にうまい。白菜なんかと一緒に食べても美味しいですよ。

次にザトウ鯨の畝須。

通常畝須のベーコンは絶品で知られますが、しゃぶしゃぶは初めて。食感は歯ごたえよし!シャクシャクしていてこれは辛めの日本酒にぴったり。

真っ赤なミンク鯨の胸肉は見た目とは全然違い、生臭さはない。本来の鯨の美味しさが凝縮し、古くから鯨といえばミンク鯨の胸肉といわれしっとりした食感が特徴です。これも茹で過ぎず、さっと湯通ししていただいてほしいです。

ミンク鯨の本皮スライスは、鯨本来のくさみの無い上質の脂の旨味が特徴。これをしゃぶしゃぶでいただくとはなんとも贅沢極まりない。

自宅で高級鯨肉をしゃぶしゃぶ!私が思うところ子供さんに食べさせればきっと新鮮な意見が聞けるだろうし、お父さんやお年寄りがいるお家なんかだときっと懐かしい思いは蘇ると思います。

しかし贅沢!

ご注文は買っちゃって王カートから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.