0

鹿児島より究極のお取り寄せ「かつおの腹皮」は絶品じゃ!-海未来あじろ-

Posted by kanri on 2011年1月7日 in 海の幸(海産物など) |

鹿児島より究極のお取り寄せ「かつおの腹皮」は絶品じゃ!

鹿児島の海の幸と言えば何を連想するでしょうか。

私はもちろん「カツオ」です。特に枕崎や指宿方面ではカツオの加工品が多く製造され、有名なものといえばやっぱり鰹節。し・か・しカツオだって「トロ」があるんですよ、そうあの腹身のと・こ・ろ。これが実は隠れた逸品でして、私はこの腹身に感激すらしてしまったんです。


お送りいただいたのは「海未来あじろ」のオーナー下山さんから。「こいつを食うと必ずリピートがある」というくらい超人気のカツオの腹身。通販でも購入ができるんだけど、下山さんは地元のいろんなイベント会場やデパートの催事にも足を運んで、地元の素材を活かしたカツオやマグロの加工品を実演販売。お客様もいつ来るやら楽しみにしているんだとか。かつおの腹皮以外にも写真でわかるように多数販売はしているんだけど、その中でも「かつお腹皮みりん」はかなり癖になるほどうまいといいます。

では、その2つを早速食べてみましょう。

一本釣りかつおの腹皮


カツオってタタキだけじゃない!本当にそう思う逸品でした。

要するにマグロでいう「トロ」の部分。そう、腹のところで脂がのっている最高の部位。その美味しいところを30㎝はあるでしょうか、ザックリカットしたのがこの商品。ではコンロであぶっていただいてみましょう。「この脂、すご~い」カツオのイメージが一新した瞬間でした。タタキや鰹節もいいけど、これは酒の好きな方には「か~~~なり美味しい」肴ですぞ。

脂は多いが決してくどくなく、臭みもない。けれど味はしっかりついていて箸など休める暇のないほど。左手に焼酎、右手でカツオの腹身をむしる。その繰り返しのペースがいつもよりも速く、おかげであっという間に食べてしまいました。気付くと焼酎は2杯、あ~こりゃヤミツキになるわ。飲みすぎに注意せねば。

かつお腹皮みりん


噛んだ瞬間「あっこれは子供に食べさせられないぞ」そう思ったんです。

だってこれ、ご飯が思いっきり食べたくなるんです。育ち盛りの子供ならば一切れで2~3杯ご飯のおかずになるのがわかるほど。みりんの甘さに脂ののったカツオはもちろん酒にも合う。酒の種類でいえばやっぱりコクのある鹿児島の芋焼酎でしょうか。今日の肴はこれで決まりっ!

鹿児島ってすごい。桜島の如くスケールもでかいけど、熱い気持ちも誰にも負けないです。

さぁさぁ食べなきゃ損!こいつはうまい、本気でうまい。

注文は買っちゃって王カートから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.