アーカイブ : 2010年 7月

銀座からお届け!天然酵母の食パン -ブーランジェリー ルフレ- 

中央区銀座。

そうあの銀座から自家製天然酵母、100%北海道の

小麦粉を使った雑誌でも話題になった

「ブーランジェリー ルフレ」さんからプレーンと

全粒粉の食パン2つをお送りいただきました。

なんせ私自身田舎育ちのおかげで、

ちょっぴり銀座って聞いただけで都会のお洒落な街という

イメージもあるからワクワクもするし若干緊張もします。

 

ブーランジェリー ルフレさんの使う天然酵母は

酒種から起こした自家製で小麦粉は北海道産100%。

しかも今回お送りいただいた食パンがお店では

一番の人気なんだそう。

ではさっそくたべやすい大きさにカットしてみました。

その味は・・・・・

 

【プレーン】

切ってみると断面の柔らかさが見た目だけでわかります。

ほのかな甘い特有の香り、指を押し付けるとその弾力に納得です。

トーストして一口「サクッ」あぁいいですねぇ

この噛んだ瞬間の音がいつまでも記憶に残りそう。

それに天然酵母ならではの豊潤な香りと素朴な甘さは格別。

納得です、この食パンの人気は不動のものに違いありません。

なぜなら弾力、旨み、食べやすさが実にバランスがいいから。

私個人的な意見ですが、基本食パンこそ

パン屋さんの顔であり個性だと思います。

失礼かもしれませんが、

ジャムやチーズ、クルミなんかを入れたものではなく

パンとしての旨みを確かめるなら中身に何も入っていない

食パンが一番わかりやすくそのお店の持ち味と考えていいと思います。

 

ブーランジェリー ルフレさんの食パンは、トーストすると

外はカリッ中はもっちり、もちろんそのままでも美味しくいただける

毎日食べても飽きない天然酵母プレーン食パン。

【全粒粉】

なるほど。これはそのままでも美味しいんだけど

何か挟んだり野菜などをのっけて食べる「専用」のような

食パンで素材の引き立て役といった感じです。

もちろん弾力も十分あるんだけど、全粒粉だから粉っぽいという

感じにとらわれやすいかもしれませんが、それが全くそうじゃなくて

逆に粉がパンのうまさを決めているという感じです。

シーチキンにスライスしたキュウリとトマト、ハムを挟んで

サンドイッチにしましたが、実に具材とよく合っていて

口の中で具とパンがいい具合に混ざり合ってとても美味しい。

このパンには何でもはさんで食べてもきっと満足すると思います。

※双方とも賞味期限は冷蔵約5~6日(製造日を含む)

さて双方ともとても美味しく、

朝食にはもったいないくらいの

食パンでしたが、芳醇で深みのある味。

大切で自分を満足させてくれるから

一口でよ~くわかりました。

 

ご注文は買っちゃって王カートから。

初夏のひかりの味の果実加工品あいなん柑・ジュレはさっぱり感たっぷり。-あいなんマザーズ-

柑橘のプロが作りました。 

「ありがとう、本当においしかったよ」

 
そう思うわずにいられない爽やかな太陽の恵みが我が家に届いたのでした。
愛媛といえば温州みかんをはじめとする柑橘の宝庫。
その中で今回お送りいただいたのは春から夏が旬の「あいなん柑(河内晩柑)」の
加工品をつくっている「あいなんマザーズ」さんから。
あいなん柑はグレープフルーツや温州みかんよりカルイウム、
カリウム、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれているんです。
そのあいなん柑をたっぷり贅沢につかったジュースとジュレは
合成保存料や着色料は一切使っていません。
夏をイメージしながら、楽しみながらいただいてみることにしましょう。

手作り あいなん柑まるごとジュレ(食物繊維入り)
すくったスプーンの上でプルルンと揺れるジュレが眩しいくらい。
一口含むとあ~さっぱり!舌にあたる粒々感、これが果肉の正体そのもので
酸っぱさと果実の甘さがほぼ同時に味わうことができます。

食物繊維、ミネラルたっぷり!

大人の味のジュレを召し上がれ♪

 
 
手作り あいなん柑ジュレ
果汁を搾り裏ごしして作られただけあって口に含むとあっという間にとろけてしまう。
さっぱりした味なのでとても食べやすいです。
小さな子供さんのおやつにぴったりですね。

キラキラと輝く太陽に感謝感激、プルプルと揺れるジュレは
冷やしていただくのがお勧め。

手搾り あいなん柑ジュース

果汁100%、育て方から搾り方までトコトンこだわったジュース。
正直酸っぱいです。しかし癖になるさっぱり爽快なこの味こそ、
河内晩柑そのものを脳裏に焼き付けてくれます。
甘さすっきり、ビタミンたっぷり、ストレートに体にしみ込みます。

初搾り あいなん柑ジュース

この苦味がとってもいい。まるで皮ごと搾ったかのような
これ以上苦いと飲みにくいけどそれがそれが実に飲みやすいし
酸味、甘さ、色合いのすべてがあいなんマザーズさんが持つ
独特の匠の技が成しえたものだと思います。

自然の味そのものをカクテルで!

実においしく頂きました。

暑い季節にぴったりのジュレ・ジュースのセット
(税込・送料込3700円)に満足。

夏色の思い出、ありがとう!

きっとそんな感謝の言葉が自然とでてくることでしょう。
ご注文は買っちゃって王カートから。

トマトラーメン?!それは今までにない新感覚ラーメンでした。

埼玉県南埼玉郡白岡町の和楽さんから

トマトラーメンを送ってもらったんです。

えっと思うでしょ!

わたしも最初トマトのラーメンって聞いて耳を疑ったほど。

ラーメンの激戦区といわれるところもあれば、

昔から老舗と呼ばれる有名店だってある。

皆さんきっとこう思うでしょ

「本当にトマトラーメンっておいしいの?」

「名前だけで実際はリピートもないんじゃ」

それがそうではないんです。

 

確かに特徴はある、なんたってトマトのラーメンだから。

でも実際お店ではこのトマトラーメンはリピートも多い。

麺の太さが選べてトッピングさえもある。

とにかく私自身初めての味と思うし、

食べてみなきゃなんとも言い難い

のでササッと作ってみました。

 

麺、スープがついた3食セット。
(トッピングは自分で用意してね)

私はネギ、チャーシューを入れてみることに。

麺のゆで時間2~2分30秒。
(箱の裏に作り方もちゃんと書いていますので)

器をあらかじめお湯を入れて温めておいたほうがおいしく出来上がります。

うおっ~色がすんげぇぞ。

 鮮やかな橙色、見た目ではラー油と思うほど。

だけど香りはラーメンなんです。

ではそのとっても気になるスープの味はというと・・・・・・

インパクトのある酸味で次にコクのある塩気
(これがおそらく最大の特徴、ちっちゃい子供さんはスッパイっていうかも)

マジで「お・い・し・い」っす。

しかもトマトの香りがします。

そういえば昔トマトに塩をふって食べてたっけ。

喉の奥でコクを味わえてトマトの質がいいのか、

時折新鮮な野菜特有の甘さに似た風味を感じます。

麺は・・・

コシがあるんだけどなんか違う・・・・

このトマト色のスープと香り、麺も中太。

「ラーメン感覚のトマトスープスパゲッティ」というべきか。

でも明らかにラーメンなのが不思議。

なぜなら素材がそうだから。器もどんぶりだし・・・

うまくまとめると(あくまで私的)

イタリア~ンのラーメン

というまさに

「新感覚」のラーメンというべきでしょう。

 

それにしてもよく考えたもんですよ、このラーメンは。

しかも美味しいんだから。

最後の一滴まで愛しい・・・そんな和楽のトマトラーメン。

いつまでも消えてほしくないイタリアン感覚の

心も満たしてくれるラーメンでした。
※女性もけっこう好きになるはず。

注文は買っちゃって王カートから。

香川名物「とりざかり」の焼き鳥は極うまでした。

思ったとおり!

 
という予想通りのときっていれしいですよね。
美味しそうの見えるんだけどいざ食べてみてがっくり・・・
そんなことって今まで何度かみなさんあると思います。
でもご安心、今回の鶏肉ははっきりいって

正解!

その自信ある答えが言える一つに買っちゃって王の

レポートはなんと九州大分県で行っているんです。

実は大分県は鶏肉の消費量日本一で食べ方やおいしい部位を

知っている消費者だって多い(断トツで唐揚げ)

だ・か・ら

 

他県の地鶏や改良された鶏肉をかえって食べたいと

思いやすいのは私だけじゃないと思います。
さて今回お送りいただいたのは

「とりざかり」さんからで、

場所は香川県高松市。

骨付きの鶏もも肉を1本まるごと焼き上げた鶏肉で知られ、

今回その中でもお勧めの4種類セットをお送りいただきました。

冷凍で届きますので一昼夜近く冷蔵でよ~く解凍し、

レンジで3分くらいを目安に温めたらかぶりついてください。

では「瀬戸赤じどり」から

温めてすぐに鶏の焼けたいい匂いが部屋中を漂わせ、

たまらず熱々をかぶりつくとなんともすごい量の肉汁が口いっぱいに。

それと香辛料が効いているからすぐにビールがほしくなる。

こいつが瀬戸赤じどりなるものかぁ、なんという肉の旨みなんだ!

通常地鶏は固くでなかなか噛み切れない肉と思い

違いの人もいるけれど、全部が固いわけではない。

いかに鶏肉をおいしく肉の本来の味を目立つように、

際立つようにするかでその地域の特性や味がでてくる。

そのためには餌、水、環境によって鶏って随分違いがでてくるんです。

それこそが魅力といっていいでしょう。
赤じどりは鶏本来の旨みが凝縮した肉付のいい絶品の鶏肉です。
 

「おや」はまさにおやおや~っ

 

という感じで・・・・

これは切り身で歯ごたえがいい。

ジャクシャクっととってもいい食感にピリリッとパンチの効いた

香辛料が実によくあっていて食べやすく、

やめられない、とまらない。

今日のおつまみに最高ですよ!
 

「骨付鳥ひな」・・・

こいつはやわらか~!


うま味が詰まった鶏肉って感じで骨付一本

まるごとっていうのがうれしい。

ガブッとひと噛み、ん~たまらん。

もうひと噛みで癖になること間違いなし。

これが何本もあったらさらに幸せ。

鶏肉好きに追いうちをかける一品ですぞ。

 
「骨付鳥おや」・・・

あっ鶏の旨みがじゅっじゅわ~。
食べてびっくり予想以上に歯ごたえがあります。

ひなと比べしっかりとした肉質でシャキッとしていて、

噛むほどに旨みがブワ~っと口中に広がって

肉質のよさが実感できます。この鶏、最高にうまいっすよ。
 
思った以上にすんごい鶏肉!

食べ応え十分。

 

ピリッと胡椒を利かせた酒がほしくなる鶏です。

さてこれは食べ応え十分。

ビールによ~く合いますよ!

お取り寄せは買っちゃって王カートから。
 

★創業60余年札幌ラーメンの元祖「だるま軒」★

遂に!ここまでたどり着いた!!

 

というのが素直なところ。
なんせ「元祖」ときけばラーメン大好きの私にとって放っておくわけがない。
その老舗ラーメンは「だるま軒」という創業60年を超える
業界の中では麺のだるま軒として知られる有名店。
私的にラーメン屋はリピートが多いこと、味が変わらないこと、
あと店に入った雰囲気と当然だけどおいしいことが
いわゆる「当たり」のラーメン店と思います。
ここでだるま軒さんの歴史を紐解いてみました。
 
先代である西山仙治が東京で中華を修行し昭和22年に屋台でスタート。
その2年後空き店舗(今と同じ場所)を見つけ、
屋台と同じ屋号で「だるま軒」を構えました。

西山仙治がその名を馳せたのは特に「麺づくり」の才能で、
当時その麺が話題となり麺はあちこちの屋台からも注文が舞い込みように。
当時の従業員は多い時で住み込み18名を数えたという。

あまりにもの注文の多さに手動で追いつかなくなり機械を導入、
その後も本格的に製麺を続けるだるま軒はもちろん全国に
「札幌ラーメン」の名を轟かすこととなり、麺作りの天才西山仙治の残した
熱き思いは今もなお健在なのです。
そのラーメンが通販で購入ができるようになったのはつい近年のことです。

さて この歴史あるだるま軒のラーメンは、

その名も札幌ラーメンの原点ちじれ麺と変わらぬ素朴な味の元祖「だるま軒」、
それにだるま軒の伝統の味を引き継ぎ独自の編み出した味噌だれと
さらに進化させたスープが自慢の「王香(オウシャン)」の2つをこれからレポート。
 

まずは「だるま軒」

レシピ通りに作ってみたんですが「醤油」味のスープと縮れ麺です。
ネギ、メンマ、チャーシュー(自分で用意してください)をトッピングに。

では、まず気になる麺から・・・

ズズズ~ッズッ・・・これは!!!
(この瞬間箸が一瞬止まりました)

柔らか過ぎず、かといって物足りないわけでは決してない。
適度な弾力が噛むほどにうまい、本当にうまい。
これじゃあ古くからのファンが多いのも納得です。
それにしても懐かしい味じゃありませんか。

今時のラーメンと違って一つ一つの素材の旨みを
合わせ出したようなものじゃなくて「いいもの」「いい素材」の持ち味が
はっきりと鮮明にしたいわゆる「素直」なラーメン。
その時代の流行りを出すために生まれたラーメンではなく、
時代を物語りルーツをも連想させる昔ラーメンです。

行列がどうのこうのじゃなくて庶民的かどうか。
そこにこのラーメンの奥深さが感じ取れます。
それにスープとの絡み具合も最高で麺の
うまさとくせのない醤油が絶妙にマッチしています。

そのスープはあっさりでも濃厚でもない、
ただ口さわりが気色いいからどんどん飲める。
魚介系のような匂いもなくコクのある飽きさせない醤油ベース。
このラーメン、マジでいいです。

 

次に「王香」

これはさっき食べた醤油とは大違いのスープ。
麺は同じだけど一言でいい表わすなら「コク」がすごい。
かといってしつこいんじゃなくておそらく厳選したであろう
味噌の深みにハマッたというべき。
味噌ラーメンの種類でいうと濃いめとあっさりの中間くらい。
味噌の旨みがこれまた麺とよ~くあっています。

それにしては食べても食べても「熱い」。
それもそのはず器に浮いた油が保温の役目をしていて
麺が最後まで熱く食べられる。
食べ終わるまで熱い、これぞ雪国のラーメン。
 
「庶民的」これがだるま軒の基本的ルーツじゃないでしょうか。
食べてみればわかりますがとんこつ派の方でも納得がいくはずです。
それは「薄い」と感じないスープもですが、何といっても麺の旨みには驚き!
皆さんだるま軒のラーメン、実にうまいです。
ぜひご賞味ください。

注文は買っちゃって王カートから。

沖縄県竹富島からやってきた隠し味「ピリッ子」-しだめー館-

「ちょっとインパクトがほしい」
「飽きてきちゃった」
「アクセントをつけたい」
そんなときにぜひ「ピリッ子」はオススメ♪
(私が試してみるんで参考にしちゃってくださいね)
 
竹富島は沖縄県の石垣島のお隣の島で、
その島にあるお土産や食事もできるしだめー館さんから
今回送ってもらったんです。
 
 
しだめー館ではチャンプルーや焼きそば、
沖縄そば(八重山そば)なんかにこのピリッ子を
ササッとかけて食べる人も多くいるんだとか。
瓶には「長寿の里のかくし味」とあり香辛料という表示もある。
そういえば沖縄のみなさんは元気で長生きなことで有名ですよね。
 
 
ではみなさん御存じの焼きそばUF●に使ってみましょう。
 
 
胡椒に清涼感を与えたような感じで

約5秒後にピリッと・・・

さらに5秒後・・・

あ~~~~ハァハァ、ピリッ

とを通りこして舌の先をピリピリと今までにない刺激。
 

 
では、UF●に革命を願って「いただきま~す」

 

およよよっHOTじゃ~ん&キクじゃ~ん。
こいつは半端ねぇよ!UF●が進化しました。
ちょっぴりエスニックで辛さがうまさを引き立ててくれるから、
 

ん~めぇよ。 

 

うまさ倍増、変化がほしいとき

何でも合う気がしますよ

このピリッ子ってやつは。

ラーメン、野菜炒め、チャーハン・・・。

そうだな油で焼いた皮つきのソーセージにマスタードの代わりに

ひと振りしてもいけるはずです。

 

どうです想像できましたか?

胡椒の代わりでもあるんだけど

胡椒よりインパクトがあり

「南国」ならではの暑さを呼び覚ます!

 香辛料です。
 
 

これは新しい香辛料に革命を

ももたらしそうな気もします。

激辛でもなく優しい辛さでもない。

 だ・か・らいいんです。

 さぁさぁぜひお試しあれ。 

注文は買っちゃって王カートから。

唐津のめんたいは超うまか! 唐津魚市場 -唐津とと屋-

ご飯にもお酒にも合う。
私はやっぱりめんたいに限ると思いますね。
 
今回お送りくださっためんたいは佐賀県唐津市の
㈱唐津魚市場さんからで「上金魚市めんたい」と
ジャンボめんたいの「からつっ子」の2つ。
 
 
皆さんはめんたいというときっと博多とういう
イメージがあると思うんだけど、
そこばかりが有名ではありません。
ご飯を止まらなくさせる贅沢なめんたいは、
味や粒の触感、色までも受け継がれた技術で
それぞれ違いがあります。
 
素材のよさを活かした「これは」と思う
めんたい2品を今回紹介しましょう。

 
まずは上金魚市めんたいから。

 

画像で確認できると思いますが、どうですこのきれいな色。
見ただけでおいしそうでしょ。
 
 
この贅沢なめんたい、パクリと口に運ぶと
まず粒がパッと広がって上品さが瞬間的に伝わってきます。
次に決して邪魔にならない漬け込んだ際の
酒のいい香りがプ~ンと匂ってくる。
 
それに噛んだときの薄皮のはじける音が鮮度のよさを物語り、
辛さとうまみの均整のとれためんたいであることが瞬時に確認できます。
思わず冷蔵庫にとっておいて、こっそりと毎日大切に大切に
ちびちびと食べたい上品なめんたいですね。
 

次にこのジャンボ!!

 

 
 
どうですこの真赤な色合いといい大きさといい言うことないでしょ。
煙草の箱と比べるとどれだけ大きいかわかりますよね。
 
では適度にカットして・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

ああ~これもおいしい!

 

 

塩味と甘さの融合というべきか、
上あごで甘さを感じ舌の奥で塩気を感じる一風変わっためんたい。
それに適度なコクがお酒を誘います。
今日もお疲れさんのビールや焼酎のお供に最高なめんたいです。
私なら芋焼酎でいきますね。
 
さてこの2つ、すごいことは間違いないんですが
工夫されたものであることも事実。
 
類似した商品が多い中これほどまでに忘れられない、
記憶の奥に残るめんたいはそうないと思います。
ご自分にもいいけれどお世話になったあの方にも
贈ってみてはどうでしょうか。
それとぜひ機会さえあればお店に足を運んでみてください。
 
海の幸た~くさんありますよ。