0

田舎の小さなお酢屋「戸塚醸造店」の天然酢。

Posted by kanri on 2009年5月18日 in ドリンク全般, 自然食品, 調味料 |

山梨県上野原市。

ここに甕、水、米に頑なまでにこだわる天然醸造の酢を作る

戸塚醸造店さんがあります。

戸塚醸造店さんはご主人と奥様の二人三脚で心を込めたお酢を作っているんです。

ca3a3100

すごいこだわり用だからきっと頑固なご主人か?と思いきや実に親切で気さくでとっても優しくお話ができました。

お酢の仕込みに使う甕は昭和53年に鹿児島の酢の製造ではトップクラスに入る福山町の醸造先から譲り受けたのだとか。

馴染んだ甕だからこそ深みのある優しいお酢ができるんでしょう。

それと水なんですが地域性もあってか富士山の伏流水にはバナジウムが含まれているんです。

バナジウムには血糖値を正常に保ったり糖尿病を改善することが学会でも報告されていてとても体によい性質をもった水。

何百年もの歳月を得て地下深くから湧き出る水には計り知れないパワーがあるんです。

それと米麹作りも一苦労。どんなに寒い日もご主人は手作業。

まるで子供を育てるかのようにじっくり丁寧に仕込んでいきます。

熟成、醗酵、出荷まで約6ヶ月

瓶に詰めた手作りのお酢がやっと完成するんです。

 

その名も「心の酢」正にぴったりの商品名。

ca3a3120

香りは確かに酸味の利いた酢そのもの、ちょっぴり舐めてみると昔の酢の味というか鼻で感じるツ~ンとくる風味にどこか懐かしさを思い出します。

ストレートに使いたかったのでドレッシングを作ってみました。

●心の酢

●サラダ油

●醤油

各大さじ1杯の分量でOK。

刻んだ野菜にたっぷりとかけて・・・あららなんとすっきりした味でしょうか。

普通市販された酢を使うとよく生臭さのような感じのものがあるけど、これは素直に「あっ美味しい」といえますね。

野菜を食べるのに邪魔がない、あっさりいただけます。

 

わたしが一番気になっていたのが葡萄の酢です。

フルーツの酢なんてどこか健康的でありながらフルーツの風味も一緒に頂ける、そんな期待もありあり。

 

容器の入った箱にそのまま飲んでも、炭酸や水割り、牛乳で割って飲んでくださいと書かれています。

とりあえずそのまんまのストレートでイッテみました。

ca3a3111 

ん~酢だぁ~・・・でも葡萄だぁ~

という意味深な感覚が頭を過りましたが、確かにお酢

フルーツのお酢です。

っていうかよく考えたなぁというのが素直なところです。

使っている葡萄はデラウエアで、まろやかな甘さを楽しむことができます。

もちろん富士山の湧き水であるバナジウム水で仕込んだ米酢をブレンド。

 

次にのお酢。

ca3a3115

これもまろやかで爽やかそのもの。

ジュースと違う純粋な100%果汁に天然醸造の酢をうまくブレンドしているからまず「健康」にいいということが真っ先に思ったことですね。

飲むお酢で美容健康に役立つこと間違いないでしょう。

ca3a3125

ゆず酢は餃子でいただきましたよ~♪

 

戸塚さんの思いと富士の自然の恵みが備わった心のこもったお酢。

ぜひお試しください。 


 

 ご注文はコチラ≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.